フィールドワーク登戸研究所 参加者感想

歴教協第66回全国大会 現地見学プレコースCの感想

  

 2014年7月31日、全国大会プレコースとして、川崎の明治大学生田校舎にある登戸研究所遺跡と資料館の見学が行われました。

 暑い中、全国から50名もの参加者が熱心に見学をしました。案内は、歴教協委員長であり、資料館の館長である山田朗さんでした。

 充実した展示内容と解説に、みなさんとても満足されていました。以下に感想をご紹介します。

   

    

住所

感想

50

千葉

これから研究者をめざす高校生に是非この資料館を見学させたいと思いました。

40

千葉

施設内はもちろんのこと、構内の外の戦跡なども丁寧に説明して頂き、とても勉強になりました。こういう機会でないと聞けない貴重なお話なども聞けて、とてもよかったです。ありがとうございました。

50

大阪

山田先生の貴重なお話を伺えて、よかったです。神奈川のみなさん、本当にお世話になりました。戦争の実相について、秘密戦・謀略戦という視点から見ていく必要性を感じました。

50

岡山

案内はわかりやすかったです。ありがとうございました。

50

神奈川

登戸研究所についてほとんど知識がなかったので、これからいろいろ勉強する上でのきっかけになりました。山田先生の若い世代と戦争の結びつきを人ではなく場所ということに今後の自分自身の活動のヒントとなりました。ありがとうございました。母がたぶん風船爆弾を作っていたように思います。今のうちに聞いておかなくては………

60

神奈川

とても素晴らしかったです。山田先生の説明は本当に面白かったです。

50

北海道

ガイドブックを無料で渡しているところがすごい。内容も充実していてよくわかる。風船爆弾の説明はよくわかった。

60

 

青森

中国戦線やアメリカとの戦争がメインとすれば謀略戦が傍系のものかもしれませんが、登戸で何をしていたか、その一端を知ることが出来ました。

70

山形

大変良かったです。生涯忘れることはないと思います。

60

長野

戦争の裏面、日本軍謀略―防諜・諜報・謀略・宣伝の実態がわかり、戦争の恐ろしさを改めて認識できました。

40

愛知

とてもわかりやすかったです。ありがとうございました。外の案内もとてもよかったです。

50

愛知

申し込んだ時は、山田委員長から説明うけるとは思わなかったので感激感動いたしました。いうことありません。

60

愛知

知らないことが多く、日本軍の実態をまた少し理解できました。他国の軍に比べるとどんな特色があるのかというようなことを調べてみたくなりました。

60

愛知

研究に裏付けられたわかりやすい内容でした。所々にユーモアがあり暑さを忘れました

60

大阪

・要点を押さえた簡潔な説明でした。実物も加えた展示は青少年の関心も高めるもののように感じました。

・当所の高校生の活動も含め、市民運動による歴史の発掘がすすめられていることは素晴らしいことと思います。市民の運動の重要性を示しています。

60

兵庫

たいへん判りやすく、勉強になりました。兵庫県も登戸研究所が移転しているので、しらべたいと思いました。

60

千葉

山田館長の案内はエピソードを含めて判り易いものでした。DVDの内容は大変重要なものと考えます。特にこの研究所、資料館設立が市民運動と高校生たちの努力の成果とのこと。バトンを引き継ぐ一例として貴重な実践だと思います。これほどの戦争の生き証人が展示されているのに驚きました。

40

東京

どの部屋にも湿度計があったのですが、どんな意味があるのでしょうか。資料館完成により、陸軍の隠された真実が後世に残ることをたいへんうれしく思いました。そして、きめ細かい解説に工夫された展示が在りし日の登戸研究所をイメージするには十分でした。証言をまとめて文章だけでなく映像にもして、アーカイブスとして見られたりするようになるともっといいのかなあ~と思いました。充実した施設ですが、まだまだいろいろできると思うので、様々な工夫を重ねてさらに良いものにしていってほしいと思いました 暑い中でしたが資料館と館外の見学をまぜて負担を減らしてもらえましたし特に2班は涼しくなってから外をまわったので大会の初日で必要以上にエネルギーを減らさずにすみましてありがとうございました。

50

東京

登戸研究所が担っていた広範な分野を知っておどろくと同時に、勝つために手段を選ばない当時の総力戦の非人間性に驚いた。後世にしっかりと伝えていかなければならない内容だと実感した。本日は詳しくていねいな説明をして下さりありがとうございました。

30

神奈川

非常によかったです。私も勉強し、少しでも子どもたちに伝えなければと思いました。

60

神奈川

たいへん判り易くかつ詳しく聞けて貴重な学習になった

70

神奈川

ていねいに解説していただきましてありがとうございました。次の世代に登戸研究所のことをつたえていかなければと思います。

 

NEW! 第1回TOUTH SALONの報告と第2回YOUTH SALON例会のお知らせ

  • 次回TOUTH SALONは 12月8日(金)

NEW! 第6回湘南部会の報告と第7回湘南支部例会

  • 次回湘南支部例会は 11月24日(金)

>>詳細ページへ

NEW!川崎支部 9月例会の報告をアップしました。

次回例会は11月18日(土)

>>詳細ページへ

NEW!中学部会9月例会報告と横浜支部例会お知らせをアップしました。次回横浜支部例会は12月15日(金)です。

>>詳細ページへ

NEW!全国大会報告のページ・神奈川歴教協のページアップしました。現地見学Fコース見学記をアップしました。>>詳細ページへ

NEW!本部主催「授業づくり講座」11月の講座のお知らせをアップしました

>>詳細ページへ


▲その他、新着情報はこちら


神奈川歴教協 書籍・資料・DVD紹介ページへ

関連サイトリンク