「中学部会改め横浜支部」の活動ニュース

 

中学校の部会でしたが、小学校や高校の教員(現役・元)も自由に参加し、

横浜・県民サポートセンターを主な会場として、

2カ月に1回、例会を開いています。 

 

9月中学部会の報告と12月横浜支部のお知らせ

◎日時  929(金)18:30~21:00

◎場所  県民センター307号室

◎内容  

中学部会が開かれました。10人の小・中・高・学生の参加で、20代から60代まで。お互いの夏の交流と、これからの中学部会について、話し合いました。そして、今後のことを決めました。

 

今後は中学部会ではなく、神奈川県の中心地である横浜を重視し、「横浜部会」として県民センターを使い、年に4回程度の例会を持つ。

横浜部会の責任者には、小川さんがなる。しかし、中心的なメンバーは複数必要で、次回もさらに体制と内容を含め、検討する。

横浜部会の内容は、校種を問わず、青年の要求、と、50代以上の現・元職の要求、それら両方の要求、を大切にする。

横浜国大(金馬さんや加藤さんなど)と共催した講演

休日にフィールドワーク

学生と話そう・国大などへ出前の会

やりたい授業の模擬授業

政治や教育問題,道徳も含めて、など話し合い

研究している課題,教材の報告、「歴史地理教育」読後の感想交流など。その他

 

当面は、12月15日(金)18:30~いよいよ、リニューアルオープン!第一回の横浜部会

内容

「歴史地理教育」7月号・日中戦争開戦80年の山田朗さんの記事、と、それに関して中学校の東京書籍の日清・日露戦争の記述(コピー資料は用意あり。桜井さん)を読んで、の話し合い

浜部会の内容や、責任者体制など、さらに話し合う。以上です。歴教協に参加したい人にとっては,川、山、線路など場所的なことがとても重要で、県内各地に、つぎつぎ部会が開かれていくことを展望して・・・・。

(はがき発送は、郵送者を整理して、神戸さんが引き続き、担当。場所取りも含め、よろしくお願いします。)

 

 

6月中学部会の報告

 2017年6月9日(金)18:30~ 県民サポートセンター712 において中学部会例会を開催しました。 

参加者は、Sさん、TEさん、TAさん、Kさん、Sさん、MOさんの6名。

 

① 「高橋まつりさん・電通過労自殺」(MOさん)のレポートを中心に討論しました。

生徒の授業の様子、発言がこまかく報告されました。「まつりさんは甘えている?」への生徒の怒りは、ふり返りカードからよくわかりました。その後、「他の楽な仕事に行けば良かった」という生徒の発言から、また問題提起をし、考えさせました。最後は「過労自殺のない社会をどうしたらつくれるか」を書かせ、発表し合い、学ばせました。働くイメージを中学生にどう作らせるのか、話し合いました。

 

② Kさんより鎌倉の戦跡についてのレポート報告がありました。フィールドワークをした内容でした。

 

③ 8月20日の県民協は,KIさんのレポートと,Mさんのレポートとしました。

 

 

3月フィールドワークの報告

 2017年3月25日(土)、中学部会・湘南部会合同で、明治大学平和教育登戸研究所資料館と明大生田キャンパスに残るさまざまな史跡(戦争遺跡)を巡りました。

 とてもわかりやすいお話で,参加者一同、素晴らしい学習ができた半日となりました。『君たちには話そう  かくされた戦争の歴史』新刊本(かなれきHP参照)の,まさにリアルな生のお話に、深く感動しました。動物慰霊碑が残されていたことを知り、しかも異様に大きいのに疑問を持ち・・・・、渡辺さんには、けんもほろろの応対だった伴さんでしたが、高校生の聞き取りがはじまり、南京でやったことを語り始めたのです。・・・「君たちには話そう」、と。渡辺さんから感動の話,秘話が続きました・・。

 戦争中存在そのものが秘密にされ、細菌兵器や風船爆弾、にせ札づくりなど歴史から消されていた重たい事実は、また戦後の冷戦の中で、人々の人生を翻弄していきました。

 「今日,自分たちが同じキャンパスにいて、青春がなかった人たちもこの同じキャンパスにいたんだ」という,時空を超えた感想を言った大学生もいました。

動物慰霊碑
動物慰霊碑  
登研会が建てた碑と渡辺賢二さん
登研会が建てた碑と渡辺賢二さん
木造の五号棟のあった所
木造の五号棟のあった所
消火栓―構内には2カ所に残っている。
消火栓―構内には2カ所に残っている。
桜の花も咲き始め
桜の花も咲き始め

2017年1月27日(金)  県民サポートセンターにおいて、中学部会例会を開催しました。

 

内容  

 1.歴史地理教育の読後感想  

2.土偶のなぞレポート(持田レポート。釈迦堂遺跡の土偶に魅 せられていらい、なぜ?だれが?どのような思いで?と生徒に問いながら授業をしてきました。縄文の豊かな食べ物、ふん石からわかる考古学への興味を、生徒に誘いながら縄文の時代のイメージをつくる2時間扱いの授業です。鳥浜貝塚のふん石をのこぎりでギコギコ切るNHKビデオ映像も見せます。2月号に掲載予定を、事前に公開します。 

 3.レポート持ち寄りの時間

4.これからの予定   

 

 

11月11日の中学部会の報告です。

旭が丘高校のKさんの長崎修学旅行レポートの発表でした。

参加者は7名でした。Kiさんのレポートは、遅刻、欠席が続く生活指導面でも多くの困難を抱えている生徒たちに、時間をかけながら関わる修学旅行でした。修学旅行中も班長会で毎日話し合い、服装やみだしなみを考えさせて、実践しつつ、また平和学習の積み重ねの上に、長崎修学旅行をしていきました。まとめの50字メッセージが大きな意義があると私は感じました。Kiさんは、記録として、指導の経過を録音で残すということで、詳細なレポートになり、発言や行動の分析ができていると、思いました。

討論では、質問が相次ぎ、班活動のありかた、長崎修学旅行の長崎の意味について、平和学習の取り組みなど、時間が足りないくらい、次々と発言があり、活発な討論でした。

前日、蒔田城趾の見学案内をしたKoさんからもレポート発表あり。吉良氏の館跡、北条氏との関係など報告があり、現地に行ってみたいと思いました。3月の恒例となったフィールドワークは、KoさんとTさんが相談して、コースを提案してくださることに。さて、どんなコースになるでしょうか?

 

 

かなれき中学部会の内容


  • 「歴史地理教育」の読後感を交流し合う
  • 実践活動、レポート報告の討論
  • フィールドワーク、講演会の参加報告、紹介など



 2015年度の活動 ふりかえり

 2014年度の例会でのレポート

 

*2014年5月2日(金)「新年度スタート・授業開きから(中1地理)


*7月25日(金)「アジア太平洋戦争をどう教えたか」(中2)


*8月24日(日)県民教・湘南学園に、レポート参加 

「生徒を登戸研究所に~総合の時間でとりくんだ実践」(中1)

「人間らしく生きる」(中3)


*9月26日(金)「日露戦争」模擬授業


*11月28日(金)「領土問題」(湘南教研レポート)(12月13日(土)に変更)


*2015年1月30日(金)「現代の課題に迫る社会科~映像を中心にした平和教育」

(中3)


*3月22日(日)有志の小田原方面フィールドワーク・懇親会の予定


*3月27日(金)「地理の特別授業~各国地理の導入」(中1)の予定



神奈川歴教協(かなれき) お問合せ・質問はこちらをクリック

 

入会についてのご質問、ご相談、お問合せは「お問合せ」のページよりお気軽にご連絡ください。

NEW! 第1回TOUTH SALONの報告と第2回YOUTH SALON例会のお知らせ

  • 次回TOUTH SALONは 12月8日(金)

NEW! 第6回湘南部会の報告と第7回湘南支部例会

  • 次回湘南支部例会は 11月24日(金)

>>詳細ページへ

NEW!川崎支部 9月例会の報告をアップしました。

次回例会は11月18日(土)

>>詳細ページへ

NEW!中学部会9月例会報告と横浜支部例会お知らせをアップしました。次回横浜支部例会は12月15日(金)です。

>>詳細ページへ

NEW!全国大会報告のページ・神奈川歴教協のページアップしました。現地見学Fコース見学記をアップしました。>>詳細ページへ

NEW!本部主催「授業づくり講座」11月の講座のお知らせをアップしました

>>詳細ページへ


▲その他、新着情報はこちら


神奈川歴教協 書籍・資料・DVD紹介ページへ

関連サイトリンク